幼児教室の情報はこのサイトをチェック

このサイトでは、幼児教室でもしばしば導入されているモンテッソーリ教育について詳しく見ていきます。
実際に通うことになった場合にはいつ頃からが良いのか、英語が学べる教室の特徴、オンラインレッスンで行われている内容についても確認していきます。
これらのことを考慮しつつ最終的に通う教室を決める場合には、やはり大手がおすすめなのかも気になるところです。
現在では教室の種類も豊富ですので、きちんと情報を整理して選びましょう。

幼児教室でも導入されるモンテッソーリ教育とは

幼児教室でも導入されるモンテッソーリ教育とは 幼児教室で行われることのあるモンテッソーリ教育とは、イタリアの医学博士のマリア・モンテッソーリ」が発案した手法です。
決められたカリキュラムは無く、個々の感性や自発性を尊重した指導が行われます。
使用されるのは独自の木製教具であり、大人が主体となって指導を行うようなものではありません。
大人は子供の自発的な活動を妨げない存在となり、それぞれが持つ個性や自発性を伸ばしていくという方針です。
現代に多い知識を詰め込むような教育とは一線を画していますので近年ではこの方法を取り入れた幼児教室が注目されており、人として成長できるチャンスがたくさんあります。
のびのびと育てたいと考えているご家庭にもピッタリの内容です。

幼児教室で注目されているモンテッソーリのメリット

幼児教室で注目されているモンテッソーリのメリット 幼児教室は1歳から5歳までの未就学児を対象にした教室であり、言葉の読み書きから歌などの簡単な習い事から近場への遠足などのレクリエーションを行うことで成長を手助けするのが役割です。
共働き世帯が増えるにつれて、自分の代わりに基本的な教育を行ってくれることから年々利用数が増加しています。
そんな幼児教室の新しい取り組みとして、外国で取り入れられているモンテッソーリ教育が注目されています。
このモンテッソーリというのは、イタリアの医学兼教育者のマリアモンテッソーリが提唱した教育方法です。
その概要としては1歳から5歳までの期間は脳が最も成長する期間であり、この年齢の時に適切な教育をすることで他人を思いやるだけでなく様々なことを楽しんで行う意欲的な人間に成長することを手助けするのが目的になります。
この教育法を行うメリットは、成長したときに自発的に行動できる人間にすることができる点です。
この教育の理念として、子供であっても自分の力で成長したいという願望を持っています。
大人は自分の力で成長したいという気持ちを尊重して、子供が物事に関して興味を持ったら率先して手助けをするのです。
思う存分自分が好きなことに取り組むことで、自分の力で切り開く楽しさを脳が覚えることが出来ます。

幼児教室に関するお役立ち情報

幼児教室

新着情報

◎2021/4/14

大手がおすすめ?
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

オンラインレッスンの内容
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 習い事」
に関連するツイート
Twitter

学校教育の見直ししてほしい。 みんなが自由に意見を出し合える環境を学校でも整えてほしい。 保育園で有償の習い事はこの著者さんの視点からすると見直すべきかも

アメブロを投稿しました。 『郵便局を発見!』

年のせいか、子供の習い事について友人と話す機会が増えてきました。 自分は、幼少期に体操、サッカー、ピアノ、絵画、モンテッソーリ式幼児教育に通ってましたが何一つ身に付かず。 本人に一定の適性とやる気がないと全く無駄な課金。 このことは、1980年代に実証されています(n=1)。

長男は寝ない赤ちゃんだった。歩き始めた頃、疲れさせて寝付きをよくするためにエレベーターではなく数を数えながら階段を上がるようにした。そのお陰か物覚え付く頃には数字が大好きになっていた。お金がなくて習い事が出来なくても、教材は日常に溢れていた。

連休明け、またこの笑顔に会える❣️ 体験レッスン無料です♪お申し込みはHPから